FC2ブログ

記事一覧

【双子のホルスフィールドリクガメのその後】



【双子のホルスフィールドリクガメのその後】


今回は、腹部にもう1匹幼体が付いていたホルスフィールドリクガメのその後のお話です。

その後、腹部についていた幼体は、繋がっていた部分が乾燥したので切除しました。

20200920ぱんなⅡ-③腹甲500
↑極小赤ちゃんが腹部についていた時の写真(再掲)。

繋がっていた血管が太かったので、どのタイミングで分離手術をするべきか悩みました。

20200925撮ぱんなⅡ-③の小さい子(細胞)500
↑腹部に付いていた分離後の極小幼体。

繋がっていた血管部分が乾燥したので、今回は消毒した鋏で切除しました。

切除した極小幼体は、孵化直後から一貫して動かなったので、細胞に近い状態なのかもしれません。

切除幼体は極小にも関わらず、甲羅が形成されていたことには驚かされました。

20200925撮ぱんなⅡ-③大きい子腹甲500
↑切除後の腹部。

腹部についていた極小幼体は、孵化後9日目に切除しました。

術後の腹部は、ポビドンヨードで消毒しました。

体重は以下の値でした。

●孵化仔(極小幼体切除後)の体重…12g

●切除した幼体の体重…約1g

切除するまでの間、孵化仔には毎日2回(朝夜)に青汁粉末を溶かした温水に浸けて栄養補給をさせておりました。

この方法は、食欲がない体調不良個体にも有効と私は感じます。

20200925撮ぱんなⅡ-③大きい子背甲500
↑背甲の写真です。

甲羅に光沢があり綺麗な孵化仔です。

20200925撮ぱんなⅡ-③大きい子正面500
↑正面からの写真です。

孵化直後から、爪がしっかり伸びているのが印象的でした。

その後、通常通りの飼育環境で問題なく元気に育っております。

ホルスフィールドリクガメは、柄が無いので多頭になると見分けが困難になってきますが、この孵化仔は孵化直後から長く接しているので、すぐ見分けがつきます。

健康に育つようにお世話を行っていきたいと思います。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taka

Author:Taka
-Tortoise Farm & Shop-
 AMADEUS(アマデウス)
 
ご訪問くださりありがとうございます。


当店で繁殖させたリクガメをご家族の一員にいかがでしょうか?

皆様と『リクガメ達と一緒に過ごす喜び』を分かち合えたらと思っています。

【販売中のリクガメ種】
 ※2021年 5月17日時点

【インドホシガメ】
●2018年産 当店繁殖個体…雄1頭⇒ご成約となりました。ありがとうございます。

【2018年産インドホシガメ自家繁殖個体販売のお知らせ】


【ヘルマンリクガメ】

●2021年産 当店繁殖個体…幼体2頭
【2021年産 自家繁殖 ヘルマンリクガメ販売のお知らせ】

●2020年産 当店繁殖個体…少し育った多甲個体1頭
【2020年産 自家繁殖 ヘルマンリクガメ販売のお知らせ】

【ホルスフィールドリクガメ】

●2020年産の当店孵化個体。
【2020年産 自家繁殖 ホルスフィールドリクガメ孵化仔の販売】

●2019年産の当店孵化個体。
【2019年産 自家繁殖 ホルスフィールドリクガメ孵化仔の販売】

●2018年産の当店孵化個体。
【2018年産 自家繁殖 ホルスフィールドリクガメ孵化仔の販売】

●2017年産の当店孵化個体。

●2016年以前の孵化個体。成体サイズ。
※雌雄おります。


当店は【完全予約制】となります。

ご来店ご希望の方は、お電話又はメールにてご連絡ください。

※当日ご連絡すぐのご来店は、対応が難しい場合がございます。
ご了承くださいませ。

※気になる点がございましたら遠慮なさらずご連絡ください。


TEL:080-9155-0084(大橋)
※お電話ですが、平日は19:30以降が繋がりやすいです。

Mail:amadeus0084@gmail.com 


17 東京都販 第005537号
登録の年月日   平成29年7月25日
登録の更新年月日 
有効期限の末日  平成34年7月24日
事業所の名称   AMADEUS
事業所の所在地  
  東京都足立区竹の塚5丁目9番8号
登録に係る第一種動物取扱業の種別   
         販売
動物取扱責任者の氏名    
         大橋孝弘

QRコード サイズ70