FC2ブログ

記事一覧

【反射板で庭に光を計画】



【反射板で庭に光を計画】

我が家の庭は、時期によりますが10時から14時の間は日光があたりにくい箇所があります。
『反射板を作成して少しでも光を多く取り込めないか』を昨年末から考えていました。

色々考えた末に行動に移すことにしました。

【使用した資材】

●プラダン…1820×900㎜サイズの黒のプラダン (軽くて家の外壁とマッチして目立たない色を選択。)

●アルミ板… サイズ:1200㎜×400㎜ 2㎜厚のアルミ板を使用。

※のり有りもありましたが、価格が高い点とのりの接着具合が分からないので、今回はのり無しとしました。

アルミ板 10m×50㎜ 500

反射性能に影響するアルミですが、アルミの種類によって反射率が異なるようです。

なるべく曇っていない光沢性の高いアルミの方が、反射率は良いと感じています。

(私の感覚となりますが、自分の姿が綺麗に映るアルミの方が反射率が高いのではと感じています。)

●アルミの3㎜厚の小板…開けた穴の補強用として使用。ハサミで切ることができました。

●両面テープ…厚みのある強力タイプの両面テープが良さそうです。

超強力両面テープ

●アルミテープ…50㎜幅をメインに使用。
※私が購入した中では、写真の製品が最も光沢性があり良かったです。

厚手アルミテープ10m×50㎜

●紐…反射板をつるす際に使用。今回は2種類使いました。

※ポリエチレン製の紐(写真では右)は、切り口から紐が解れてくるので切り口はテープで巻いた方が扱いやすいと感じました。

ケーブル縛り紐 500

●その他…電動ドライバー(ドリルドライバー)。

ビットは、木ダボ、穴開け用の径10㎜の物を使用。
※反射板に穴を開ける時に使いました。

●錘石…石の天面に金属の輪が付いたもの。
※反射板を通した紐を結び付けて固定する際に使用。


1.反射板の作成

① プラダンに両面テープをある程度の間隔で貼っていきます。

プラダンに両面テープを貼る 500

② 巻いてあるアルミ板を伸ばしながら両面テープの剥離紙を剥がして貼り付けます。

プラ段にアルミ板を貼る②500

※今回のプラダンのサイズには、アルミ板を3ロール使用しました。

(2ロールはそのままのサイズで貼りつけました。1ロール分は半分の長さで切って使用。)

③ アルミテープでプラダンの4辺を貼りました。

③-1 アルミ板とアルミ板との繋ぎ目もアルミテープで貼りました。
    ※雨天時の水の侵入防止とアルミ板の捲れ防止の為です。

③-2 アルミ板では貼り切れないあまりのスペースにもアルミテープを貼って反射させることにしました。
   
※テープの種類によって光沢が異なりますので、拘る場合は注意が必要かもしれません。

☆ プラダンの面をアルミで覆いつくして反射板の完成です。


2.反射板の設置

一番悩んだのは設置方法をどうするかです。

強風で飛ばされないかが最も心配でした。

反射板 アルミ貼り後
↑① アルミを貼ったプラダン板に径10㎜の穴をドリルドライバーで開けて紐を通すことにしました。

※写真は、穴あけ後の反射板です。

穴を開けた後の口は、危険なので内側に潰しました。

プラ段 穴開け
↑アルミテープを貼った部分の穴は、アルミ板を貼った部分の穴より強度不足と感じ、小片のアルミ板を貼って再度穴を開ける作業を行いました。

※ロール状ではないアルミ板を購入して、50㎜×50㎜のサイズにカットして使用しました。

(小片アルミ板を両面テープで貼りつけ⇒アルミテープを上から貼り固定⇒ドリルドライバーで穴開け。)

反射板4枚セット500
↑② 作成した反射板を横にして、四枚を繋げて吊るすことにしました。

③ 反射板の上下の穴で各反射板を繋げました。

④ 次に両側面に開いている穴に紐を通して4枚の板を固定しました。

⑤ 一番上の紐は、雨戸のレール部分に穴が開いていましたので、ここに紐を通しました。

側面の左右の紐は、反射板を下げる際に必要なので、長めに残しておきました。

⑥ 上の紐でしっかり反射板を固定してから、反射板4枚をゆっくり降ろしていきます。

⑦ 一番下の紐と両側面の紐は、石の天面にリングがついている錘石に結び付けて設置完了です。


4枚反射板の収納参考500
↑ 強風の時にすぐ下に降ろせるかを確認。10分もかからず降ろせて一安心。

下に降ろしてから、4枚の反射板は折り畳めるようになっています。

※写真では、上にビニールシートを被せて雨を防いでいます。


反射板1枚500
↑1階の下の窓につけた反射板1枚のもの。窓の上に4枚反射板があります。

※写真に紐を括りつけた錘石が見えます。


3.反射板を設置した前後の写真

下の2枚の写真は、日時は3日違いですが、同時刻の反射板の有り無しの比較写真となります。

2020年4月4日AM11:31(反射板無し)500
↑反射板、設置前。
2020年4月7日AM11:31(反射板あり)500
↑反射板、設置後。

20200411反射板の状態500
↑反射光があたっている部分の写真です。

写真では少し分かりづらいですが、反射板を設置した後の方が、庭がとても明るくなりました。

(日の射し方や季節によって反射光の当たり方は異なると思いますが、反射板がない状態より大分明るいです。)

耐久性は分かりませんが、5年持ってくれれば嬉しいです。
(リクガメが外にいる期間、吊るす予定です。)

反射板の作成ですが、作りながら『どうなるのだろう?」というワクワク感が常にあり、とても楽しめました。

リクガメ達が少しでも喜んでくれれば嬉しいです。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taka

Author:Taka
-Tortoise Farm & Shop-
 AMADEUS(アマデウス)
 
ご訪問くださりありがとうございます。

QRコード サイズ70
当店で繁殖させたリクガメをご家族の一員にいかがでしょうか?

皆様と『リクガメ達と一緒に過ごす喜び』を分かち合えたらと思っています。

【販売中のリクガメ種】
 ※2021年2月27日時点

【ホルスフィールドリクガメ】

●2020年産の当店孵化個体。(New)

詳細は、【2020年産 自家繁殖 ホルスフィールドリクガメ孵化仔の販売】を御覧くださいませ。

●2019年産の当店孵化個体。
【2019年産 自家繁殖 ホルスフィールドリクガメのご紹介&販売中】

●2018年産の当店孵化個体。
【2018年産 自家繁殖 ホルスフィールドリクガメのご紹介&販売中】

●2017年産の当店孵化個体。

●2016年以前の孵化個体。成体サイズ。
※雌雄おります。


当店は【完全予約制】となります。

ご来店ご希望の方は、お電話又はメールにてご連絡ください。

※当日ご連絡すぐのご来店は、対応が難しい場合がございます。
ご了承くださいませ。

※気になる点がございましたら遠慮なさらずご連絡ください。


TEL:080-9155-0084(大橋)
※お電話ですが、平日は19:30以降が繋がりやすいです。

Mail:amadeus0084@gmail.com 


17 東京都販 第005537号
登録の年月日   平成29年7月25日
登録の更新年月日 
有効期限の末日  平成34年7月24日
事業所の名称   AMADEUS
事業所の所在地  
  東京都足立区竹の塚5丁目9番8号
登録に係る第一種動物取扱業の種別   
         販売
動物取扱責任者の氏名    
         大橋孝弘