FC2ブログ

記事一覧

【リクガメ達の野草採餌風景】



【リクガメ達の野草採餌風景】

近所に良い野草の採集場所があります。

その場所には、近所周辺ではあまり見られないアカツメクサやチモシーまで生えていました。

週末は可能な限り、この場所に野草を採りに行っています。

頑丈な紙袋に45Lゴミ袋をセットして、そこに採った野草を入れていきます。

今の季節は、主にヤブガラシ、アカツメクサ、シロツメクサ、タンポポ、オオバコ、ツユクサ、ノゲシを採集しています。

ここからは野草を食べているリクガメ達の様子を写真と合わせてご紹介します。

野草採餌(ビルマ雄達屋内)CUT500
野草採餌(ビルマ雄達屋内②)CUT500
野草採餌(ビルマ雌2頭)CUT500
↑ビルマホシガメの孵化仔達。(約5~7年経過した子達です。)
野草は好物なのですぐに無くなります。
野草を与えた後の糞は、状態の良い便となるので野草の有用性を実感させられています。

野草採餌(2017年産インド&シャカ)
↑2017年に孵化したインドホシガメの子達と種親のシャカ。
野草は好物でよく食べます。
お迎え当初、偏食だったシャカも庭に放してからは、何でも食べるようになりました。
※写真では一番大きい子(右下)がシャカです。

野草採餌(2018年産インド)CUT500
↑2018年に孵化したインドホシガメの子達。
今年から野外放し飼いを行いました。子ども達は野草も好んで食べます。
インドホシガメは、乾燥した環境下で育てると甲羅が凸凹になると私は感じています。
屋内飼育の際には、湿度を高めに維持した環境で育てるようにしています。(脱水による尿路結石も予防されると思われます。)
※写真の子の中には新しい飼い主様の元に旅立った子もいます。

野草採餌(ホルス成体雌アップ)CUT500
↑ホルスフィールドリクガメの顔のアップ写真です。
食べている時に見えるピンク色の舌が可愛らしいです。

野草採餌(2019年産ホルス)CUT500
↑2019年に孵化したホルスフィールドリクガメの子達です。
500円玉を一回り程大きくしたサイズです。テコテコ歩いて可愛いです。
野草も好んで食べています。
インドホシガメ、ビルマホシガメ、ヘルマンリクガメに比べて、ホルスフィールドリクガメは、(恐らく乾燥による)甲羅が凸凹になりにくい傾向が見られます。幼体時はよく水を飲みますので、水場は常設しています。


野草採餌(パンケーキ雌達屋内)CUT500
↑パンケーキガメの雌達です。
一斉にシェルターから出てきて野草を食べつくしました。
パンケーキガメは、好んで水に浸かりますので、全体が浸かれる大きさの水場を設置すると良いと感じます。

パンケーキガメの雌は、今年から卵を産み始めた個体が多いので、さらに環境を整えていきたいと思います。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taka

Author:Taka
-Tortoise Farm & Shop-
 AMADEUS(アマデウス)
 
ご訪問くださりありがとうございます。

QRコード サイズ70
当店で繁殖させたリクガメをご家族の一員にいかがでしょうか?

皆様と『リクガメ達と一緒に過ごす喜び』を分かち合えたらと思っています。

【販売中のリクガメ種】
 ※2021年2月27日時点

【ホルスフィールドリクガメ】

●2020年産の当店孵化個体。(New)

詳細は、【2020年産 自家繁殖 ホルスフィールドリクガメ孵化仔の販売】を御覧くださいませ。

●2019年産の当店孵化個体。
【2019年産 自家繁殖 ホルスフィールドリクガメのご紹介&販売中】

●2018年産の当店孵化個体。
【2018年産 自家繁殖 ホルスフィールドリクガメのご紹介&販売中】

●2017年産の当店孵化個体。

●2016年以前の孵化個体。成体サイズ。
※雌雄おります。


当店は【完全予約制】となります。

ご来店ご希望の方は、お電話又はメールにてご連絡ください。

※当日ご連絡すぐのご来店は、対応が難しい場合がございます。
ご了承くださいませ。

※気になる点がございましたら遠慮なさらずご連絡ください。


TEL:080-9155-0084(大橋)
※お電話ですが、平日は19:30以降が繋がりやすいです。

Mail:amadeus0084@gmail.com 


17 東京都販 第005537号
登録の年月日   平成29年7月25日
登録の更新年月日 
有効期限の末日  平成34年7月24日
事業所の名称   AMADEUS
事業所の所在地  
  東京都足立区竹の塚5丁目9番8号
登録に係る第一種動物取扱業の種別   
         販売
動物取扱責任者の氏名    
         大橋孝弘