FC2ブログ

記事一覧

【第2回 2019年7月の雌亀達の産卵】



【2019年 7月の雌亀達の産卵-②-】

前回に引き続き、今回も7月の雌亀達の産卵光景をご紹介していきたいと思います。

今年は長雨でしたので、庭のカメ達も産卵を我慢していたようです。

天気が晴れてから、多くの雌が産卵行動を始めました。

【2019年 7月21日 アミティエルの産卵前行動】

20190721 AM産卵(卵は産まず)CUT500
↑実は、7月21日(日)の露天販売時に、ビルマホシガメのアミティエルが産卵行動を
はじめました(左奥)。

当日、多くのお客様とご一緒に産卵行動を観察できました。

今回は、産卵行動の開始が遅かったので、日が暮れてしまい雌亀は卵を産まずに終えました。
そして、1週間後に再び産卵行動をすることになります。 

手前の2頭は共に雄のビルマホシガメです。
雄と完全に隔離したことで、ビルマホシガメの雌達は卵を産むようになりました。



【2019年 7月28日 ビルマホシガメ2頭の同時産卵】

7月28日(日)の露天販売時に前回に卵を産まなかったアミティエルとガルガリエルが同時に
産卵行動をはじめました。

2頭同時の産卵見たのは、はじめての経験でした。


先にガルガリエルが産卵行動を始めました。

1)ガルガリエルの産卵



20190728GG 2クラッチ目CUT500
↑ガルガリエルの産卵風景。今回は飼育場の真ん中よりやや手前で掘り始めました。
(動画と写真となります。)

リクガメの産卵前行動(後ろ脚で土を掘る仕草)のご参考になればと思います。

20190728 GG 2クラッチ目洗浄後の卵CUT500
↑掘り起こして綺麗に洗った卵。ガルガリエルは計7個の卵を産んでくれました。

20190728GG2クラッチ目 インキュベーターCUT500
↑ガルガリエルの卵は、インキュベーターで孵卵することにしました。


2)アミティエルの産卵

ガルガリエルが産んでいる傍で、私がブロックで仕切りを作り、そこに前回から産みたがっていたアミティエルを放しました。

『スペース的に狭いので難しいかな』と感じていましたが、約2時間後にアミティエルも産卵行動を始めてくれました。

20190728 AM 2クラッチ目CUT500
↑急造した仕切りブロックの傍でアミティエルも産卵開始。

20190728AM 2クラッチ目土から取り出し後の卵CUT500
↑掘り起こしたアミティエルの卵。卵は9個ありました。

土質が粘度質なので、卵を割らないように指でゆっくり掘り起こしていきました。

今回は、我慢させずにすぐに産ませることができ、状態の良い卵を得ることができました。

雌亀が卵を産みたい時に産ませられなかった場合、カルシウムが過剰に沈着したゴルフ状の卵となります。

私の今までの経験においてですが、ゴルフ状の卵からは孵化したことはありません。

『雌亀が産みたい時にいかに早く環境を整えて産ませるかが孵化仔を得られる重要なポイントの一つ』
と私は考えています。


20190728 AM 2クラッチ目 洗浄後卵CUT500
↑アミティエルの卵を洗い計測後、水苔にセットした際の写真です。
今回は、卵を置く床材には水苔を選びました。

20190728AM2クラッチ目孵卵器セット時CUT500
↑アミティエル卵は、自作の小型孵卵器で温めることにしました。
小型孵卵器は乾くので定期的な注水が必要と感じます。


2頭とも産卵開始から埋め戻しまで4時間~5時間程で終えました。
今後の卵の様子が楽しみです。まずは卵が白濁してくれるか(有精卵かどうか)となります。

ビルマホシガメ2頭同時産卵の後も、他種の雌亀が卵を産んでくれています。

次回、『2019年7月 雌亀達の産卵-③-』でご紹介できたらと思っています。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Taka

Author:Taka
-Tortoise Farm & Shop-
 AMADEUS(アマデウス)
 
ご訪問くださりありがとうございます。


当店で繁殖させたリクガメをご家族の一員にいかがでしょうか?

皆様と『リクガメ達と一緒に過ごす喜び』を分かち合えたらと思っています。


【現在、販売中のリクガメ】
 ※平成31年9月20日時点

●ホルスフィールドリクガメ
⇒2017年産・2018年産、それ以前の孵化個体(成体)がおります。
※雌雄おります。

●ヒガシヘルマンリクガメ
⇒2018年産は残り1頭です。
※雌雄は不明。
 
●インドホシガメ
⇒2017年産 雄 2頭
(期間11/25まで)


当店では露天販売の時以外は、
【完全予約制】となります。

☆ご来店の際には、お電話やメールでご連絡くださり『ご予約』いただけたらと思います。
※種類や雌雄の個体数等、気になる点は気楽にご連絡ください。

TEL:080-9155-0084(大橋)
Mail:amadeus0084@gmail.com 


17 東京都販 第005537号
登録の年月日   平成29年7月25日
登録の更新年月日 
有効期限の末日  平成34年7月24日
事業所の名称   AMADEUS
事業所の所在地  
  東京都足立区竹の塚5丁目9番8号
登録に係る第一種動物取扱業の種別   
         販売
動物取扱責任者の氏名    
         大橋孝弘