FC2ブログ

記事一覧

【孵化シーズンはじまるVol.5】

【孵化シーズンはじまるVol.5】今回は、インドホシガメの孵化についてご紹介したいと思います。今年初のインドホシガメの孵化となります。孵卵から126日目経過後からの孵化開始です。インドホシガメは、初期胚発生時の発生遅延や停止は見られないと感じている種です。孵卵条件によって発生速度はまちまちですが、環境条件が合えば、順調に進む印象です。↑卵を置いた床材には、水苔を使用しました。孵化確認後に水苔に注水しました...

続きを読む

【インドホシガメ2クラッチ目の卵が孵化】

【インドホシガメ2クラッチ目の卵が孵化】インドホシガメ2クラッチ目の卵が孵化しました。この卵は、諸事情で点々と孵卵器を移動させてしまいましたが、無事、孵化に至りました。前回の1クラッチ目より孵化日数が短くなりました。卵を最後に置いた孵卵器の温度条件(32℃±0.5℃)が高かった為と思われます。孵化時に意識している点は、孵化開始と同時に床材に水を注入している点です。今回は、バーミュキュライト使用だったので、孵...

続きを読む

【2019年インドホシガメの孵化②】

【2019年インドホシガメの孵化②】前回(インドホシガメの孵化①)の続きです。その後のインドホシガメの赤ちゃん2匹の様子です。GNⅠ-①の個体。孵化から14日経過後の写真となります。↑背甲の様子です。甲羅と甲羅の間から成長線も出てきました。↑卵黄は体内にほぼ吸収されています。↑左側面からの写真です。↑正面からの写真。綺麗な瞳がとても愛らしいです。GNⅠ-①は、餌も食べ始め、糞の排泄も確認できました。当初の体重(16g)より...

続きを読む

【2019年インドホシガメの孵化①】

【インドホシガメの卵が孵化開始】今年の4月25日から孵卵していたインドホシガメの卵が孵化しました。120日目から孵化開始。3日目に幼体用の水槽に移しました。今年は、今までで最も遅い孵化となりました。今年は、初夏に雨が多く気温が低かったという理由もありますが、今年は前年度の教訓を生かして、孵卵器の置いてある部屋を冷房で25℃管理したことだと思います。予定孵化日を過ぎても孵化しなかったので、死んでしまっているの...

続きを読む

ビルマホシガメの放牧&2017年産インドホシガメ達

暖かい日が増えてきたので、最近の土日は天気が良ければカメ達を庭に放し飼いにしています。太陽の光の下、外に放されたカメ達は、生き生きしていて見ていて幸せな気持ちになります。特にビルマホシガメの雄達は動き回るので、天候が許す限り庭に放しています。ビルマホシガメ(特に雄)は、とても活発&愛嬌があるので最高のリクガメと感じます!↑飼い主の後をひたすら追いかけてきます。餌を与えると食べるので、ねだってきてい...

続きを読む

プロフィール

Taka

Author:Taka
-Tortoise Farm & Shop-
 AMADEUS(アマデウス)
 
ご訪問くださりありがとうございます。



当店で繁殖させたリクガメをご家族の一員にいかがでしょうか?

皆様と『リクガメ達と一緒に過ごす喜び』を分かち合えたらと思っています。


【販売中のリクガメ種】
 ※2020年9月23日時点
 
【ホルスフィールドリクガメ】

●2017年産の当店孵化個体。

●2018年産の当店孵化個体。

●2019年産の当店孵化個体。
※まだ小さいので雌雄は不明。

●2016年以前の孵化個体。成体サイズ。
※雌雄おります。

【ヒガシヘルマンリクガメ】

●2018年産 当店孵化個体。
⇒完売しました。

●2020年産 当店孵化個体
⇒完売しました。
※今後の孵化次第で追加販売となります。


 
当店では露天日や公開日以外は、

【完全予約制】となります。

ご来店ご希望の方は、お電話又はメールにてご連絡ください。

当日ご連絡すぐのご来店は、対応が難しい場合がございます。
ご了承くださいませ。

※種類や雌雄の個体数等、気になる点がございましたら遠慮なさらずご連絡ください。


TEL:080-9155-0084(大橋)
Mail:amadeus0084@gmail.com 





17 東京都販 第005537号
登録の年月日   平成29年7月25日
登録の更新年月日 
有効期限の末日  平成34年7月24日
事業所の名称   AMADEUS
事業所の所在地  
  東京都足立区竹の塚5丁目9番8号
登録に係る第一種動物取扱業の種別   
         販売
動物取扱責任者の氏名    
         大橋孝弘